2メートルのヘビ、飼い主の車内で見つかる 岡山・倉敷市

有料会員記事

雨宮徹
[PR]

 岡山県倉敷市の集合住宅の駐車場から逃げ出したと思われていた体長約2メートルのペットのヘビが18日、飼い主の男性の車の中で見つかった。県警水島署が発表した。

 署によると、男性が18日夕、車を発進させようとした際、助手席の足元の配線カバーが不自然に浮き上がっているのに気付いた。隙間をのぞき込んだところヘビの体を発見したため、隙間から引っ張り出したという。

 逃げていたのはニシキヘビの一種の「ボールパイソン」で、茶色と黒色のまだら模様で2キロほどあり、毒などはないが、かんだり巻き付いたりすることがあるという。

 男性が15日夜、出張中に知…

この記事は有料会員記事です。残り129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら