吉野家常務発言で新商品発表会が前日に中止 10年かけ開発の親子丼

有料記事

田幸香純
[PR]

 牛丼チェーンの吉野家は、19日に都内で予定していた新商品の発表会を中止することを18日に決めた。理由として、常務取締役の男性が外部の社会人向け講座で不適切な発言をしたことを挙げた。広報担当者は「一連の事象を鑑みて自粛することを決めた」という。

 発表会では約10年かけて開発してきた親子丼を公表する予定だった。タレントの藤田ニコルさんも出席し、新しいテレビCMをお披露目する予定だった。吉野家は原材料の高騰を受けて昨年、牛丼などを値上げしており、商品力を高めようとしていた。新商品の発表会を前日に中止せざるを得なくなったことは会社にとって痛手だ。

 親子丼の発売は予定通り19日午前11時から全国の店舗で開始するという。

 親会社の吉野家ホールディン…

この記事は有料記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    中野円佳
    (ジャーナリスト)
    2022年4月18日22時4分 投稿
    【視点】

    表現としての「生娘」も「シャブ漬け」も、そして、高級なものの味が分からないうちに中毒にさせるというような考え方そのものも、これがウケるとでも思った時代感覚も、全ての面でアウトでしたね…。P&Gは会社としては女性も男性も働きやすくするための先