学校に戻すことがゴールではない 不登校だった大学生が居場所作り

有料記事

寺島笑花
[PR]

 学校で悩みを抱える子どもに「第2の居場所」を――。中学時代から学校に通うことができなかった自身の経験を背に、長崎市の大学生がこの春、支援団体を立ち上げた。「学校に戻すことだけがゴールではない」。メンバーの1人はそう話す。

 「きっかけがあったわけではないんだけど、これ以上、友だちに自分を合わせることに意味がないと思った」。山口彩菜さん(19)は中学2年だったとき、夏休み明けから学校に行けなくなった。

 友だちもいて、明るい性格と周りにも思われていた。ただ、クラス内には生徒同士の序列「スクールカースト」があった。「合わない人にノリを合わせるのがしんどかった」。卒業するまでクラスには戻らず、保健室などで過ごした。

 そんな山口さんの支えになっ…

この記事は有料記事です。残り966文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!