第49回「ロシア来ても譲らない」 原発近くのウクライナ住民、不安あっても

有料会員記事ウクライナ情勢

フメリニツキー=野島淳、金成隆一
[PR]

 ウクライナに侵攻したロシア軍が原発や核関連施設を攻撃・占拠したことは、まだ攻撃されていない原発の近くに住む市民にも強い衝撃を与えた。いつ攻撃されるかわからない危険は感じつつ、大勢の人たちが地元に残って暮らしている。

 豊かな黒土に恵まれ、欧州の穀倉地として知られるウクライナ。西部にある人口約3万4千人ほどのスタルコスティアンティニフも、農場に囲まれた穏やかな町だ。

 町から北西に約80キロ離れたところに「フメリニツキー原発」がある。もしロシア軍が近くまで攻めてきた場合、住民たちはどうするのだろうか。

 「両親も祖父母も暮らした土…

この記事は有料会員記事です。残り2040文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る