米代表団、ソロモン諸島訪問へ 中国に対抗、島嶼国との関係強化狙う

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米ホワイトハウスは18日、米政府高官が率いる代表団が、今週中にソロモン諸島などを訪問すると発表した。中国がソロモン諸島と安全保障協定の締結で合意するなど南太平洋地域で影響力を強めるなか、代表団の派遣を通じて、米国と太平洋島嶼(とうしょ)国との関係強化を図る狙いがある。

 ホワイトハウスの発表によると、代表団はキャンベル米国家安全保障会議(NSC)インド太平洋調整官と、クリテンブリンク米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が率いる。ソロモン諸島のほか、フィジーとパプアニューギニアを訪問する予定で、各国の政府高官と会談し、インド太平洋地域において米国と太平洋島嶼国との友好関係が繁栄と安全、平和をもたらすことを確約するという。一行はハワイも訪れ、米インド太平洋軍高官らとも協議する。

 南太平洋地域では、ソロモン諸島が3月、中国と安全保障協定を結ぶことで基本合意したと発表した。協定の具体的な中身は明らかにされていないが、SNSに流出した協定草案とされる文書には「ソロモン諸島は中国に警察や軍人の派遣を要請できる」「中国は中国の人員やプロジェクトを守るために中国の部隊を使用できる」「中国は船舶の寄港や補給ができる」などと、中国による軍事的関与を認める記載がある。

 米国の同盟国豪州やニュー…

この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら