• アピタル

公共交通機関でマスク着用、米政府の義務化は「無効」 連邦地裁判断

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米疾病対策センター(CDC)が求めている列車や飛行機など公共交通機関でのマスク着用について、フロリダ州の連邦地裁は18日、義務化は無効とする判断を下した。現段階で米国内での着用義務はなくなることになる。

 昨年1月に就任したバイデン大統領はすぐに公共交通機関でのマスク着用を求めた。列車や飛行機などでの移動中は、新型コロナに感染したり、感染を広げたりするリスクが高まるとして、CDCは乗客らにマスク着用を求め、運輸保安庁(TSA)が義務化する措置をとっていた。

 連邦地裁の決定によると、CDCはマスク義務化を1944年に施行された公衆衛生サービス法で定められた「きれいにする手段」などを根拠に実施したが、判事は「マスク着用は何もきれいにしない。ウイルスの飛沫(ひまつ)を閉じ込める程度だ」と指摘し、無効とした。

 判断を下したのは、トランプ…

この記事は有料会員記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]