星組トップ礼真琴 10年前はプレッシャーで… 宝塚歌劇で続編上演

[PR]

 宝塚歌劇団星組のラブコメディー「めぐり会いは再び」の世界が、10年ぶりに第3弾として帰ってくる。4月23日、宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で初日を迎える。

ニュースレター[月刊タカラヅカPlus]

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。こちらから登録できます。

 前作でヒロインの弟として登場した無邪気な少年の「その後」を描いた新作。トップスターとなって再び演じる礼真琴(れいまこと)は「みなさんの期待を裏切らない、ハッピーで可愛い世界観を楽しんでいただけたらと思います」と話す。

 「めぐり会いは再び」は柚希礼音(ゆずきれおん)がトップスターだった2011年に初演され、翌年、続編が作られた。

 続編の時、礼は入団4年目。ヒロインの弟ルーチェという大役を任され、幼さを感じさせる高い声も印象的な14歳のいたずらっ子を演じた。

 トップコンビとの掛け合いも多く、「プレッシャーにおびえていました。先生からのアドバイスもかみくだけないほど未熟で、できなくてできなくて。悩んで泣いていた思い出があります」。

 ヒロインの夢咲(ゆめさき)…

この記事は有料会員記事です。残り947文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら