桜の花に寄り添う心 詩人マクミランさんが短歌に見る古来の感性

有料会員記事

[PR]

 日本人にとって特別な存在であるとも言える桜。咲いたと思えばはかなく散りゆくその美しさは、古来多くのうたい手たちを魅了してきました。

 花びらが風にたゆたい、新緑へと移ろいつつある季節。詩人、翻訳家のピーター・J・マクミランさんは、10年あまり前に若くして世を去った歌人の作品を見つめながら、桜が日本文学にもたらしてきた妙味について語ります。

歌集からの引用と英訳

「はなびら」と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい

(『ひとさらい』 笹井宏之)

 

Tracing the letters

p-e-t-a-l in braille,

 ―aah―…

この記事は有料会員記事です。残り1134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら