「悲しさを力に変えると誓う」 池袋事故3年、遺族が献花

大山稜
[PR]

 東京・池袋で車が暴走し、松永真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(同3)が亡くなった事故の発生から、19日で3年がたった。妻子を同時に失った松永拓也さん(35)ら遺族はこの日、事故現場近くの慰霊碑を訪れ、発生時刻の午後0時23分に合わせて約1分間、手を合わせた。

 拓也さんはその後、報道陣の取材に「ここで2人が亡くなったことを考えるとすごくつらい。ただ、その悲しさを力に変えてこれからも活動していこうと胸に誓った。私たちの姿を見て、交通社会において当事者じゃない人はいないということをわかってほしい」と話した。

 献花台には鉛筆と自由帳が置いてあった。真菜さんの父・上原義教さん(64)は「今年で小学生になるはずだった莉子ちゃんにこういうものを供えてくれる気遣いに、とても感謝している」と述べた。

 事故ではほかに9人が重軽傷を負い、運転手の飯塚幸三受刑者(90)は昨年9月に禁錮5年の実刑判決を受け、1年近く続いた刑事裁判は終結した。(大山稜)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません