「私の大切なバディ」 元トップ和央ようかさん支えたミラクルドッグ

有料会員記事宝塚歌劇団

聞き手・田部愛
[PR]

 どんどん幸せになれますように。どんどん頑張れますように。そんな気持ちを込めて、「どんどん」と名付けました。ロングコートチワワの、11歳の男の子です。

 この子に出会ったのは、宝塚歌劇団を退団して数年経ったころ。自分自身を見失い、落ち込んでいた時期でした。人間関係に悩んだり、私が思ってもいないことを周りから言われたりして、どうしたらいいか分からなくなっていました。

 沈んだ気持ちでいた、12年前の7月7日。訪れたペットショップに、どんどんはいました。小さな体で、夜遅いのに明るい店内にいる彼を見て、「大丈夫かな」「早く外に出たいんじゃないかな」と思ったんです。ともに生活すれば、この子も自分もどんどん幸せになるんじゃないか、とも感じました。

 一緒に暮らし始め、生活に色…

この記事は有料会員記事です。残り828文字有料会員になると続きをお読みいただけます。