「ロシアとの話し合い、絶対無理や」 小6の発言にクラスは、先生は

有料会員記事

阿部峻介、宮崎亮
[PR]

 がれきと化した建物に、モザイクのかけられた遺体とおぼしきものが点在する市街地……。衝撃的な映像が連日メディアを通じてウクライナから届きます。子どもたちへ、戦争の現実をどう伝えたらいいのでしょう。ある授業のやり取りと本屋さんから、ヒントを探りました。

 3月上旬、堺市立安井小学校の6年1組の社会の授業。講師の勝村謙司先生(68)は広島への原爆投下で母を亡くした女児の作文を読み上げた。

 教室は静まり返り、涙を浮かべて聴き入る女子児童もいた。

 やがてカイト君=仮名=が口を開く。

 「原爆を落とすように言ったアメリカの大統領と、プーチン(ロシア大統領)は一緒や! 核で脅そうとしたんや」

 カイト君は、けんかで手を出すこともあったが、年明けから落ち着いてきていた。議論を続けてほしいと考えた勝村先生は、原爆投下が日本の敗戦の要因の一つになったこと、ロシアも核保有国であることを説明した。

 これを受けて発言したのがトモカさん=同=だ。

カイト君の発言に、トモカさんが考えたことは。子どもたちの議論は続き、思わぬ発言が飛び出します。

反論するカイト君、そして……

 「脅しはだめ。さっきの作文…

この記事は有料会員記事です。残り1512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。