• アピタル

「きっとトランスジェンダーだ」 高2で知った違和感の正体とその後

有料会員記事

熊井洋美
[PR]

 「好きの意味を間違っている」

 いまから10年以上前。中学2年生のある日、東日本の大学生(26)は、母親から、こんな文面の携帯メールを受け取った。

 女の子として生まれ育った。けれど、心は男性。同じ学校の女子生徒から告白され、つきあい始めたのが地元のうわさになり、母親の耳に届いてしまった。

 反抗期を迎えて会話の少ない時期。携帯メールで問い詰められた。

 「あなたは女の子として女の子が好きなの?」

 「違う」

 「男の子として?」

 「うん」

 その答えを、「間違い」と全否定された。

キュロットが定番、男の子たちと駆け回った

 心と体の性が一致しない自分はおかしい人なのか。悪いことをしているのか――。

 将来を悲観し、一気にふさぎ込んだ。

 プロレスごっこが好きで、特…

この記事は有料会員記事です。残り3705文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら