ことでん車両がウクライナカラーに 白い部分を青色にラッピング

有料記事

福家司
[PR]

 香川県のローカル私鉄、高松琴平電気鉄道(ことでん)の電車2両が「ウクライナカラー」にラッピングされた。ロシアによる軍事侵攻の中、運行を続けるウクライナの鉄道事業者に連帯と敬意を示し、世界平和への願いを込めて初めて実施し、19日から運行を始めた。

 ことでんの琴平線を走る車両は元々、上が白色、下が黄色のツートンカラー。白い部分を青色にラッピングし、ウクライナ国旗を模した。ラッピング部分には、「私たちはあなた方とともにあります」「人々の命を守るために働くウクライナの鉄道事業者へ」「世界平和を願っています」と英文で記した。黄色部分は元の車体色のため、実際の国旗より若干濃くなっている。

 ことでん地域開発本部の西山公章さんは「公共交通機関なのだから政治的な主張は控えるべきだ、との声があることは承知しているが、鉄道事業者が鉄道事業者への敬意を示す趣旨なので、ご理解をいただきたい」と話す。

 ラッピング電車は11月中旬まで運行予定。運行期間中は瓦町など主要4駅に募金箱を設置するほか、5月3日からこの電車をデザインしたステッカーを1枚500円で販売し、売り上げはすべてウクライナ大使館に寄付するという。(福家司)

 車体を「ウクライナカラー」にすることを提案したのは、ことでん地域開発本部社員の今井恭子さん(35)だ。

 女児を出産して育児休業中の…

この記事は有料記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!