偏差値40からの難関大合格 勉強よりお金が大変、バイト漬けの矛盾

有料会員記事こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。

若者の実態と合っていない支援制度

 「大変だったのは勉強より、お金だった」

 偏差値40・6から大学受験に挑み、今春、東京都内の難関私立大学に現役合格した女性(18)は話す。

 進学に向けて、高校1年生から居酒屋でバイトをしながら200万円近くを貯金してきたという。返済のいらない国の奨学金も用意されているにもかかわらず、なぜそんなに働かなければならなかったのか。

 女性は高校1年の夏、ぼんや…

この記事は有料会員記事です。残り1208文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]