18歳、2万円で撮った性的動画 孤独な女性「大人助けてくれない」

有料会員記事こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。

 「お金ないんでしょ。こういうのあるよ」

 歓楽街のコンビニの前で、18歳だった女性は声を掛けられた。振り向くと、中年の男。差し出されたスマホ画面をのぞくと、性行為の動画を投稿するサイトだった。

 動画と写真の撮影で2万円を渡された。「撮ったの、サイトに載せるけど、利益はそっちにいかないからね」。男は事前に準備した書面に署名するよう、女性に求めた。これ以上の金品を要求しないという内容だった。

「20歳になったら」…スカウトが誘ったAV出演

 手慣れた様子に女性は「お金…

この記事は有料会員記事です。残り1236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]