100年続く市場、再開見えず 全面立ち入り禁止、鎮火は20日以降

有料記事

遠山武、城真弓、山本大輔
[PR]

 1世紀の歴史を誇る北九州市の名所、旦過市場が激しい炎に包まれた。19日未明の火災でけが人はいなかったが、全焼を含め40軒以上が被災したとみられる。約110店舗が密集する「北九州の台所」は全面立ち入り禁止に。営業再開の見通しは立たず、市場の再整備事業にも影響する可能性が出てきた。

 「火災の影響で、本日の旦過市場は全面通行止めとなっており、お客様は立ち入りができません。ご報告できる状況になり次第、順次お知らせして参ります」

 旦過市場は19日、公式ホームページに全店舗の営業休止を伝える報告を掲載した。市場には店主らも入ることができなかった。

 3代にわたって営業してきた鮮魚店の仲野知子さん(71)は「消防活動が続き、市場に入るのはしばらく難しそう」。

 1999年にも市場で火災が…

この記事は有料記事です。残り943文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!