日本モンキーセンター、独自の日本酒第2弾「萌猿」発売 愛知

井上昇
[PR]

 約800頭の猿を飼育する日本モンキーセンター愛知県犬山市)は、オリジナルデザインの日本酒「萌猿(もえざる)」を21日、園内で発売する。昨年好評だった日本酒シリーズの第2弾。担当者は「暖かい春に合う、爽やかな味に仕上がった。ぜひ飲んでほしい」とPRする。

 「萌猿」は、江戸時代から続く酒蔵「澤田酒造」(常滑市)が醸造した商品だ。300ミリリットル(900円)と720ミリリットル(1800円)の2種類があり、園内で計約150本が販売される。

 澤田酒造の副社長がセンターの手ぬぐいを愛用していたことで縁ができ、センターは昨年12月に日本酒「燗猿(かんざる)」を発売。限定100本が完売し、第2弾の発売が決まった。

 「萌猿」のラベルは、春の爽やかさをイメージした白が基調で、園内で飼育されている日本最高齢49歳のニシゴリラ「タロウ」のイラストがあしらわれている。商品を通じて、園の「看板」のタロウをさらに身近に感じてほしいという思いも込められている。

 やや辛口ながら、ほんのりフルーティーな味わい。担当者は「冷酒で飲みやすく、春の陽気に合う。ぜひ味わってほしい」と話す。

 「萌猿」は園内の売店で販売されるほか、澤田酒造のウェブサイト(https://hakurou.ocnk.net/別ウインドウで開きます)でも購入できる。問い合わせは日本モンキーセンター(0568・61・2327、20日は休園)。(井上昇)