同じ町内なのに震度に差 3と5弱を分けた地盤の違い 茨城・城里町

有料記事

西崎啓太朗、谷口哲雄
[PR]

 19日朝、福島県中通りを震源とする地震があり、茨城県内各地で大きな揺れを観測した。城里町では最大震度5弱を記録。県によると、人的・物的被害の報告はなかったが、気象庁は今後約1週間は同程度の地震に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、地震は午前8時16分に発生した。震源の深さは約90キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・3と推定される。各地の震度は、震度4が水戸市日立市ひたちなか市土浦市など。震度3が、つくば市取手市古河市那珂市などだった。

 JR東日本水戸支社によると、地震の影響で、常磐線は高萩―泉(福島県いわき市)間で一時徐行運転をし、特急を含む上下計8本が最大36分遅れた。約1200人に影響した。

 震度5弱の揺れを観測した城里町。町総務課によると、町内には震度計が3カ所にある。同町小勝(おがち)の七会町民センター「アツマーレ」敷地内の地震計が最大震度5弱を記録したが、他の2カ所は震度3だったという。

 七会町民センターの鈴木貴司…

この記事は有料記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。