円相場、一時129円台に下落 20年ぶり円安また更新

有料会員記事

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 20日の外国為替市場円相場が一時、約20年ぶりに1ドル=129円台まで下落した。19日の米ニューヨーク市場で128円90銭台まで下落していたが、その後のシドニー市場で129円台をつけた。1日で2円ほどと、急速に円安が進んだ。東京市場では128円台前半で推移している。

 日本銀行は20日午前、長期金利の上昇を抑えるため、特定の利回りを指定して国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」をすると市場に通知した。さらなる円安につながる可能性が指摘されていたが、市場は今のところ大きく反応していない。

 円安が進んでいる背景には米…

この記事は有料会員記事です。残り190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。