(SKE48のfor you)悔いないアイドル生活、計画立てて30歳で卒業 大場美奈

有料会員記事

[PR]

 卒業を意識し始めたのは、さかのぼると2017年に沖縄であった総選挙の時です。選抜に入れず、そこで、「選抜に入ろう。選抜に入ったら卒業しよう」と決めました。

 そこからは計画的に生きてきました。選挙に向けた1年。そして、もう1年は卒業に向けた1年。本当は20年に卒業しようと思っていましたが、状況が変わって、高柳明音ちゃん(ちゅり)と松井珠理奈ちゃんが卒業発表したのもあり、そこを見送ってから卒業しようと思うようになりました。

 そのためにも全て有言実行しようと思って、18年の選抜は何が何でも入ると思い、選抜入り。1年過ごして、19年は目標にしていた個人の仕事をいくつかやることもできました。

 21年にちゅりたちを送り出した後、舞台の仕事がありました。「(SKE48という)帰る場所があるから、安心感故に稽古に没頭できた」とそれまでは考えていたのですが、「卒業後、舞台の仕事を基点にして生きていけるのか」と視点を変えました。その時、ちょうどミュージックビデオ撮影の仕事しかSKE48の仕事がなく、1カ月間離れて過ごしました。

 それまで年の近い女の子の世…

この記事は有料会員記事です。残り2564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら