北帰行控えた7万羽のマガンの群れ、北海道美唄市の宮島沼で一休み

日吉健吾
【動画】北帰行のマガンの群れ、北海道・宮島沼で一休み=日吉健吾
[PR]

 ラムサール条約登録湿地の宮島沼(北海道美唄(びばい)市)に、北帰行を控えたマガンが集まっている。宮島沼水鳥・湿地センターによると、19日には約7万羽に達した。

 早朝、ねぐらの沼から飛び立ったマガンは周辺でエサを食べ、日暮れとともに戻る。鳴きながら群れで飛ぶ姿は圧巻だ。写真愛好家が一斉にシャッターを切っていた。

 群れは羽を休めた後、4月下旬から5月上旬にかけてシベリアへ向かうという。

 同センターは「週末は駐車場に入りきれない車が路上駐車することがある。近隣に迷惑がかかるので、マナーを守って観察してほしい」と話す。(日吉健吾)