車窓からジッと外を眺める藤井聡太竜王 師匠が感じた息吹

有料記事

[PR]

杉本昌隆八段の棋道愛楽

 今日から4月、新年度の始まりです。コロナ禍の蔓延(まんえん)防止重点措置が解除され、街に人出が戻った気がします。

 駅前や新幹線内では春休み中の学生たちをよく見かけました。名実ともに春の到来を感じたものです。

 3月25日、新潟の佐渡市藤井聡太竜王の王将獲得の祝賀会が行われました。佐渡は王将戦第七局の開催予定地。七番勝負が早く終わったため、急きょ祝賀会に変更となったのです。今回は鈴木大介常務理事、そして私も現地での仕事のため同行しました。

 名古屋から東京に出て、そこから上越新幹線で新潟まで。さらに船で佐渡に向かいます。

 佐渡汽船の高速ジェット船「ジェットフォイル」はお勧めです。波を切って走る船体や周囲を優雅に飛びまわるウミネコなど、非日常感がたまりません。これぞ旅の醍醐味(だいごみ)です。

 現地ではファンや将棋の佐渡…

この記事は有料記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!