「失敗の教訓を生かしている」ロシア軍 東部の戦い、課題は士気低下

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 ウクライナに侵攻したロシア軍は、東部ドンバス地方への本格攻撃を始めた。首都キーウ(キエフ)攻略に失敗したロシア軍にとって、戦争の「第2段階」の開始とみられる。戦力を集中したロシア軍は地の利を生かした攻勢に出ると見られるが、士気低下などの問題も抱えている。

ロシア軍の戦略は?

 ドンバス地方では8年前から親ロシア派とウクライナ軍の間で戦闘が続いてきた。すでに一部地域を支配するロシア軍だが、今後は全域の支配に向けて新たな大規模攻撃に打って出る構えだ。

 3月下旬にキーウ周辺から撤…

この記事は有料会員記事です。残り2401文字有料会員になると続きをお読みいただけます。