赤木雅子さん、佐川氏ら5人の尋問を申請 公文書改ざん損賠訴訟

有料会員記事

森下裕介
[PR]

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題で、近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(当時54)が自死したのは改ざんを強いられたためだとして、妻の雅子さん(51)が財務省元理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏に損害賠償を求めた訴訟で、雅子さん側が20日、佐川氏本人の尋問を行うよう、大阪地裁に申請した。雅子さんの代理人弁護士は「現場の抵抗を知った佐川氏の対応を明らかにしたい」と話した。

 弁護士によると、同省の調査…

この記事は有料会員記事です。残り99文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら