ロシア、新型ICBMの実験成功と発表 「脅かす者をためらわせる」

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシア国防省は20日、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の発射実験に成功したと発表した。ウクライナ侵攻で苦戦する中、米国を射程内とする新型ICBMの実験成功を強調し、武器供与などでウクライナを支援する欧米を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 プーチン大統領は「最高水準の戦略的・技術的な特性を持ち、最新のミサイル防衛にも対応できる」とした上で、「同様のものは世界になく、長く現れないだろう」と強調。「我々の軍事力を強化してロシアを外部の脅威から確実に守り、攻撃的な言葉で我が国を脅かす者をためらわせるだろう」と欧米に警告した。

 ロシア国防省は実験の映像を…

この記事は有料会員記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら