鬼界カルデラがつくる景観や植生 三島村の一部が県立自然公園に

野崎健太
[PR]

 鹿児島県は、三島村の一部地域を10カ所目の県立自然公園に指定した。約7300年前の大噴火で形成された鬼界カルデラの景観や火山特有の植生など、貴重な自然環境について保全と利用の両立を図る。園内では建物の新築や伐採が規制される。

 指定されたのは3島の約2150ヘクタールと周辺海域。竹島と硫黄島ではカルデラが形作る断崖絶壁の海岸線が連なる。噴火の影響が少なかった黒島ではスダジイなどの照葉樹林が広がり、竹島の台地はリュウキュウチクが覆うなど、独特の植生も見られる。

 火山活動で生じた三島村の景観は日本ジオパークにもなっており、観光や学習への活用が期待されている。指定された12日、鹿児島市の「フェリーみしま」ターミナルで記念式典が開かれた。大山辰夫村長は「ジオサイトの魅力を広く発信し、コロナ収束後に多くの人の訪問を期待したい」と語った。(野崎健太)