枝元なほみさんが料理の道に進んだ原点 大根とひき肉のカレー

有料記事

記事の後半でレシピをご覧いただけます。

[PR]

 料理研究家枝元なほみさんは大学卒業後、友人が開いた東京・中野の無国籍レストランでアルバイトし、料理を始めました。「それまでもひとり暮らしで自分で作って食べていましたが、いい加減なものでした」。お客さんにおいしいものを提供するには? 店にある色々なスパイスを使い試作を繰り返しました。

 当時、枝元さんは役者を志し劇団に所属していました。劇団の劇場は周囲に飲食店が何もない倉庫街のような場所。見に来たお客さんや劇団員のために食事を振る舞うことになり、レストランで働いていた枝元さんがご飯作りの担当に。

 作ったのは、大鍋いっぱいのカレーです。「ほとんど毎日のように、40人から50人分を1人で作っていました」。タマネギをじっくりと炒めて、スパイスを合わせ煮込む。劇団の仲間も手伝ってはくれたけれど「当時は人生の半分くらいタマネギを炒めている気分でした」。

 劇団にはお金もなく、具も工…

この記事は有料記事です。残り1134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。