第5回世紀の落球、学校で笑い話に おすすめ動画に残る「この子」の後日談

有料会員記事

構成・内田快
[PR]

 世紀の落球。

 高校野球ファンの間で、そう呼ばれるプレーがある。

 エラーしたのは、本田紘章さん(29)。

 2010年の全国高校野球選手権大会に、開星(島根)のセンターとして出場した。

     ◇

 〈甲子園大会の1回戦、仙台育英(宮城)戦だった。九回表の守り、1点リードで2死満塁。浅いフライが本田さんの目の前に上がった。落下点に入る。投手は勝利を確信し、ガッツポーズ。しかし白球はグラブからこぼれ、足元で弾んだ。逆転負け。ありえないミスだった〉

 野球人生で、ああいうミスはゼロ。あの時を除いて、一度もやったことはありません。

 最近、「TikTok(ティックトック、動画投稿アプリ)」で高校野球の動画を見ていると、おすすめ動画で、このシーンが流れてくることがあります。

 どんなコメントがついているんだろうと、コメント欄を、つい見てしまう。試合の感想だったり、「この子、今はどうなっているんだろう」という言葉だったり。

 高校野球が好きな方には覚えてもらえているんだな、記憶に残る試合になっているんだな、と感じます。

 あのフライは、普通、落とすようなものじゃありません。

 もちろん、あの時も捕れるものだと思っていましたし、甲子園にいた人の99%は、試合が終わったと思ったはずです。

 フライが上がった時、僕の頭…

この記事は有料会員記事です。残り1922文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年5月2日15時20分 投稿

    【視点】50歳のわたしにとって「世紀の落球」といえば、1984年の選抜高校野球準決勝、PL学園―都城です。 延長11回裏、PL桑田選手の何でもないライトフライを都城の隈崎右翼手が落球し、サヨナラ負け。 泣きじゃくる隈崎選手をテレビで見て、胸がし