警棒から失明高校生のDNA型検出 沖縄県警、警察官の立件も視野

有料会員記事

山中由睦
[PR]

 沖縄県沖縄市内の路上で1月、警察官と接触した男子高校生が大けがを負った問題で、県警は21日、警察官が持っていた警棒から高校生のDNA型が検出されたと明らかにした。捜査関係者によると高校生は眼球破裂などで片目を失明しており、県警は、けがはこの警棒によるものと断定。警察官の立件も視野に、故意に警棒を当てた可能性がないかなど、慎重に調べを進めている。

 県警によると、1月27日午前1時ごろ、バイクが暴走しているという通報を受けて警戒していた沖縄署員が、男子高校生が運転するバイクを見つけ、停止を求めたという。

 捜査関係者によると、署員は当初、警棒を持って高校生を制止しようとしたが走り去ったと説明。「故意にけがを負わせる行為はしていない」と話した。一方、高校生は「警察官がいきなり目の前に現れ、警棒で殴られた」と県警の聞き取りに答えており、証言が食い違っていたという。

 県警によると、署員は警棒を…

この記事は有料会員記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら