GW中の郵便物、遅いと到着まで8日も 日本郵便「配達日に注意を」

中島嘉克
[PR]

 日本郵便は21日、大型連休中の郵便物の配達日について発表した。土曜日の郵便配達をやめた影響で、投函(とうかん)から届くまでに最長8日かかる場合もある。同社は期日のある郵便物などを送る場合は「配達日に注意して」と呼びかけている。

 同社は昨年10月、普通扱いの郵便物やゆうメールの土曜の配達を取りやめた。そのため連休中の配達日は5月2日と6日のみ。4月28日の遅い時間に3日後配達の地域に宛てて投函した場合、5月6日の配達になる場合があるという。速達や書留、ゆうパックなどは祝日や土日も配達しており、連休中も通常通り配達する。

 中国・上海市ロックダウン都市封鎖)され、航空便に影響が出ていることから、22日から中国宛ての国際スピード郵便(EMS)の引き受けを一時停止する。航空便や船便は通常郵便物のみ引き受ける。(中島嘉克)