待ちわびた市民「よそで買いたくない」 火災の旦過市場一部再開

有料記事

遠山武、城真弓、安斎耕一 西岡矩毅
[PR]

 火災発生から3日目。北九州市の旦過(たんが)市場では21日、立ち入り規制の解除範囲が広がり、被害を免れた複数の店舗が営業を再開した。さっそく訪れたのは、待ちわびた買い物客や、市場での食材調達にこだわってきた飲食店経営者たち。「北九州の台所」が再び開かれ始めたことを喜ぶ市民に、旦過市場への愛着がにじみ出ていた。

 この日、市場南側の入り口をふさいでいた立ち入り規制線が取り除かれた。近くにある「フルーツショップ八木」では、昼前から店頭に品物を並べた。「久しぶりにお客さんの顔を見て安心した。『大丈夫だった?』『頑張ってね』と声をかけてもらい、ありがたい」。店主の八木和子さん(77)は笑顔だった。

「この街にとって大切な場所」

 同店に来たのは、隣の街でバ…

この記事は有料記事です。残り1302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!