「ロシアは世界ののけ者に」 財務相の発言時に続々と退席→写真撮影

有料会員記事

ワシントン=榊原謙、北川慧一
[PR]

 ウクライナ危機が勃発して初めてのG20の閣僚級会合。午前10時に米ワシントンの国際通貨基金(IMF)本部で始まった会議に異変が起きたのは、オンライン形式で参加していたロシアのシルアノフ財務相が発言を始めた時だった。

 「米国やカナダと共に、私たちの代表団はG20会合を去った」

 英国のスナック財務相はこの日昼、米、英、カナダの代表が会合中に席を立ったとツイートした。ロイター通信によると、米国のイエレン財務長官やパウエル連邦準備制度理事会議長、カナダのフリーランド副首相兼財務相、欧州中央銀行のラガルド総裁らが次々と席を立ったという。

 この日の会合にはウクライナのマルチェンコ財務相も招かれていたが、一緒に退出したという。オンライン形式で参加していた他のメンバーでも、シルアノフ氏の発言にあわせてカメラをオフにする動きが出たとも報じられた。

「ロシアの侵略」に抗議、写真をツイート

 フリーランド氏は退席者の高…

この記事は有料会員記事です。残り642文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら