歌わなくても楽しめる札幌のカラオケ店、全国の落語ファンの聖地に

有料会員記事

伊藤唯行
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で逆風を受けているのがカラオケ業界だ。そんななか、「歌わなくても楽しめる」という部屋が人気のカラオケ店が、札幌市に現れた。しかも、いつのまにやら全国の落語ファンの聖地になってしまったのだという。

 その部屋があるのが、札幌市厚別区のカラオケボックス「ピロス」だ。部屋番号「25」の室内からカラオケ機材を撤去して「演芸ルーム」にしてしまった。

 部屋に入るとまず目に付くの…

この記事は有料会員記事です。残り2841文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら