クライマーズ・ハイにも登場「日本一のモグラ駅」で眠るビールの味は

有料会員記事

星井麻紀
[PR]

 地下約70メートル。「日本一のモグラ駅」として知られ、小説「クライマーズ・ハイ」の冒頭にも登場するJR土合(どあい)駅(群馬県みなかみ町)の下りホームに眠っているものがある。

 各地で造られたクラフトビール、約250リットル。

 5月21日に駅で開かれるイベントでお披露目される。長いものでは1年半の熟成を経たお味は? 「開けてみてのお楽しみ」なのだそうだ。

 コロナ禍で飲食店の営業が制限され、ビール造りの先も見えなかった2020年。ビールを通して自然や環境のために活動する醸造家の団体「ブルーイングフォーネイチャー」のオンラインミーティングでのことだった。みなかみ町でクラフトビールを造る「オクトワンブルーイング」の竹内康晴さん(50)は、こんな提案をした。

 「土合の駅でビールを寝かせたら、どうなるだろう」

 早速、JR土合駅でグランピング事業などをする「ヴィレッジインク」を通してJR東日本に問い合わせ、了解を得た。

 20年12月、ホームへ続く486段の階段を下りてビール樽(たる)を運び「長期熟成」が始まった。

 ビールは下り線のホームにあ…

この記事は有料会員記事です。残り486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら