あなたは立つ? 座る? 京の町家の「くらかけ」は働き者の生活道具

有料会員記事KANSAI

編集委員・長沢美津子
[PR]

 ものと暮らしの関係は、うつろいながら、時計の針が重なる時がある。京の町家のどこにでもあったのが、気づくと消えかけ、また息を吹き返した「鞍掛(くらかけ)」もそのひとつかもしれない。

 京都御所の北は下鴨の糺(ただす)の森(もり)近く、骨董(こっとう)と山野草の店「二十日(はつか)」に、京都のヒノキを使う新品の「鞍掛」が並んでいる。店主の栗山葉子さんが、祖父の代から家族で使うものをモデルに復刻させた。「古道具の市にも出なくなり、どこで手に入るかわからない。それを誰も気にしないのが見過ごせなくて」

 「鞍掛」という言葉の通り、馬の鞍を置いた台から転じた生活道具だ。天袋に手を伸ばす時は踏み台に、インゲンの筋を取るような台所仕事では椅子にした。ところが、現代の客の反応は意外だった。「寝室のテーブルにいいとか飾り台にするなど、デザインを気に入ってくれる。フランス人でバスルームで使うという方もいて、こちらが戸惑いました」

 町家ではどこに置いたのか。四条烏丸(からすま)にある重要文化財の杉本家住宅。10代当主で料理研究家の杉本節子さんに聞くと「父が幼い頃にはすでにあったものが、いまも走り庭で現役です」。

 家族が代わる代わる使っては…

この記事は有料会員記事です。残り609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]