隈研吾氏デザインの文化施設 JR東、高輪ゲートウェイ駅前再開発

有料会員記事

松本真弥
[PR]

 JR東日本は、高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)前の再開発計画について、建設する高層ビルなど5棟の概要を発表した。建築家の隈研吾氏がデザインした文化施設や、高級ホテルとオフィスが入る商業ビルなどで、2025年度に全面開業する予定だ。羽田空港からのアクセスが良く、国内外からの幅広い利用を見込む。

 開発の目玉は、らせん状に形作られ、日本の四季を表現したという文化施設。地上6階建てで、音楽や演劇などのイベントが開ける。駅直結の地上29階と30階の高層ビルには、外資系高級ホテル「JWマリオット」が入り、オフィスフロアには国内外のグローバル企業の誘致をめざす。

 当初、24年ごろの全面開業…

この記事は有料会員記事です。残り141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら