税務大学校大阪研修所で48人が腹痛や嘔吐 4人重症

[PR]

 22日午後8時35分ごろ、大阪府枚方市香里ケ丘10丁目の税務大学校大阪研修所から、「女性が2時間前に食事をし、腹痛や嘔吐(おうと)症状を訴えている」と119番通報があった。

 枚方寝屋川消防組合によると、研修所では約150人が生活している。この女性を含め計48人が腹痛や嘔吐の症状を訴えて救急搬送された。内訳は重症4人、中等症9人、軽症35人。症状を訴えているのは18~21歳の男女で、選択制の食事で同じものを食べていた可能性があるという。大阪国税局によると、全員快方に向かっているという。

 国税庁のホームページによると、税務大学校は国家公務員として採用された税務職員に対して研修を行う機関。