エーザイなどのアルツハイマー薬、欧州で承認申請を取り下げ

有料会員記事

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米バイオジェンは22日、日本のエーザイと開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」について、欧州医薬品庁(EMA)への承認申請を取り下げることを決め、EMAに伝えたと発表した。米国で昨年6月に条件付きで承認されたが、効果を疑問視する声があり、日本や欧州では承認が見送られていた。

 この治療薬を巡っては、EMAが昨年12月に「投与のメリットがリスクを上回っていない」と承認を見送り、バイオジェンがEMAに再審査を要求していた。バイオジェンは取り下げの理由について、EMAから「これまでに提供されたデータが、承認について肯定的な意見を支持するのに十分でない」との見解が示されたためと説明した。

 認知症患者は世界に約5千万…

この記事は有料会員記事です。残り225文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら