第53回医師たちの終わらぬ闘い ロシア軍の撤退後にけが人が増えるわけ

有料記事ウクライナ情勢

キーウ=国末憲人竹花徹朗
【動画】戦禍のウクライナで新たな命。母たちの思いは=竹花徹朗撮影
[PR]

 ロシア軍がウクライナに侵攻してから24日で2カ月になる。この間、国際人道法で禁じられている病院への攻撃が相次いだ。自らの生命も脅かされる過酷な状況下で、医師、看護師、職員らは奮闘し、その営みは、ロシア軍が去った後も続いている。(キーウ=国末憲人竹花徹朗

「看板見れば病院とわかる」

 ウクライナ西部から首都キーウ(キエフ)に高速道路で向かう途中、40キロほど手前のブゾバ村の道路右脇に、妊娠した女性の巨大な看板が目に入る。そのたもとにある5階建ての私立アドニス産科病院の本院は、壁の一部が黒く焦げ、崩れかけている。

 「この看板を見たら、建物が病院だと、ロシア軍だってわかるでしょう。にもかかわらず、ミサイルを撃ち込んだのです。妊婦が院内にいるというのに」

 病院の管理人イゴール・シュルさん(55)は振り返る。ウクライナは代理出産ビジネスが盛んなことで世界的に知られるが、この病院も代理母を受け入れており、近年は欧州各国や中国からの依頼があったという。シュルさんによると、米国人夫婦の代理母として出産を控えた女性らが、当時入院していた。

 キーウ包囲をめざしたロシア軍は近郊の農村地帯を南下し、ブゾバ村に入った。産科病院は村の入り口にあたる。2月28日、ロシア軍は2機のヘリコプターと高速道路上の装甲車両から病院を攻撃し、施設を破壊した。

ロシア兵が突入、銃を…

 その2~3日後だとシュルさ…

この記事は有料記事です。残り2860文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載ウクライナ危機 市民は今(全150回)

この連載の一覧を見る