まち唯一の書店、閉店から1年経て再始動 本はなくても「人がいる」

有料会員記事

中島健
[PR]

 まち唯一の本屋さんが閉店して1年あまり。一部の事業を引き継いで、カフェが15日、オープンした。シャッターを下ろす店が増えた商店街で、「人が集う場所を残したい」という強い思いが、元店主夫妻と新しいオーナーを結んだ。

 宮崎県高原町西麓。66年間、地元の人たちに親しまれてきた山下書店は2021年3月31日、閉店した。

 「年齢や健康に加え、売り上げの減少を肌で感じるようになった。やめ時かな、と」と店主だった尾上政利さん(75)。

 妻茂子さん(73)の父、山…

この記事は有料会員記事です。残り830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。