箱根を旅行中にふるさと納税を 自販機活用、宿泊券など即日お渡し

村野英一
[PR]

 旅先で手軽に寄付をできる「ふるさと納税自動販売機」の利用が21日、神奈川県箱根町の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」で始まった。箱根町にふるさと納税自販機が設置されたのは初めて。

 ユネッサンの入場口の外にある自販機で返礼品を選び住所・氏名を登録する。クレジットカードのみの支払いで4階カウンターで受け取ったレシートを渡し返礼品と交換。返礼品はユネッサンに近い旅館「天悠」やホテル「美山楓林(みやまふうりん)」などの宿泊券や施設利用券で、寄付の3割相当額の券を即日で利用できる。税の控除に必要な書類は町から郵送で届く。

 箱根町のふるさと納税の寄付額は2021年度が約12億8千万円。町担当者は「返礼品は宿泊券の人気が最も高く、自販機も活用したい」と話す。(村野英一)