26人乗った観光船が「浸水」、海保など現場へ 北海道・知床沖

[PR]

 第1管区海上保安本部によると23日午後1時13分ごろ、北海道・知床半島西部沖を航行中の観光船から、「浸水している」との118番通報があった。船は北海道斜里町の「知床遊覧船」が運航する「KAZUⅠ(カズ ワン)」で、乗員・乗客は計26人。自力航行が出来る状況かどうかは不明という。海上保安庁巡視船など4隻、ヘリコプター1機、北海道警のヘリ1機が現場に向かっている。

 観光船は知床半島西部の「カシュニの滝」の沖合を航行していたという。

現場は波浪注意報と強風注意報

 気象庁によると、観光遊覧船が浸水しているとみられる現場周辺の北海道網走地方には23日午前から、波浪注意報と強風注意報が出ている。

【動画】観光遊覧船から「浸水した」と通報があった海域。海上保安庁の捜索が続いた=熊倉隆広撮影