• アピタル

絶食48時間、「男梅」で飢えをしのいだ日本人女性 都市封鎖の上海

有料会員記事新型コロナウイルス

上海=井上亮
[PR]

 冷蔵庫にある食料が「男梅キャンデー」だけになって、2日になる。昨日は1食だけ弁当にありつけたが、今日はそれもない。鏡を見る。ほおがこけた顔、腕と足までやせ細ったように映る。これが、私なのか。

 「まさか現代で、しかも中国でも豊かな上海で、飢えることになるとは……」。このとき、都市封鎖ロックダウン)は7日目に入っていた。

 中国最大の経済都市・上海は、新型コロナ対策で終わりの見えないロックダウンのさなかにある。上海に住む3万8千人の日本人の多くも、自宅を出られない日々だ。どうしても食料を入手できず、48時間の絶食に追い込まれたという日本人女性(33)が、経験を語った。

市政府が発表した「4日間の封鎖」

市政府が発表した「4日間の封鎖」。「4日間なら問題ない」と思っていた女性でしたが、日に日に中身の減っていく冷蔵庫を見て焦りは高まっていきます――。

 女性が住む市西部は、4月1…

この記事は有料会員記事です。残り2129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]