第54回ウクライナ各地でイースター「今年はみんな離ればなれ」、規模は縮小

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=西村宏治、キーウ=金成隆一、根本晃
[PR]

 ロシア軍による全面的な侵攻が始まって2カ月が経ったウクライナ各地で、24日にかけてキリストの復活を祝うイースター(復活祭)の行事が催された。大半の地域で夜の礼拝が中止されるなど、規模は縮小。戦争の影響を色濃く感じさせる祝日になった。

 ウクライナには、バスケットにパンなどの食材を詰めてイースターを祝う習わしがある。戦地からの避難民が暮らすリビウ北西部の教会では23日、ウクライナ医師会などが避難民にパンを贈る支援に取り組んだ。

 中南部ザポリージャから避難してきた女性(85)は「いつもなら私がお祝いのパンを焼いて、孫たちと祝う。でも今年はみんな離ればなれで、息子は軍で戦っている。こうして祝えるだけでもありがたい」と目に涙を浮かべていた。

 激戦となったマリウポリに近…

この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る