ウクライナ、祝日にも攻撃の犠牲者「ロシア軍は神からも許されない」

有料会員記事ウクライナ情勢

根本晃、佐藤達弥
[PR]

 ロシア軍が侵攻するウクライナでは、23日から24日にかけて東部と南部を中心に激しい攻撃が続いた。24日は両国で信者の多い東方正教会のイースター(復活祭)にあたる祝日だが、子どもを含む市民の犠牲が相次いで報じられた。

 「イースターの朝、ロシア軍が2人の子どもの命を奪った」

 東部ドネツク州のキリレンコ知事が24日、SNSに投稿した。住宅が破壊され、14歳と5歳の女の子が犠牲になったという。キリレンコ氏は「ロシア軍が犯した罪は神からも人々からも許されるものでない」と怒りを込めた。

 東部ルハンスク州のハイダイ…

この記事は有料会員記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年4月25日8時49分 投稿

    【提案】昨日24日で、ロシアのウクライナ侵攻開始から、ちょうど2ヵ月が経過した。 この戦争は、長期化する様相を見せている。現時点では、ロシア・ウクライナ双方、停戦・和平を目指すよりも、戦闘に注力している。 そうした中、我が国のメディアの様子を見