世界最高齢の田中カ子さん死去 119歳、明治から令和生き抜く

[PR]

 世界最高齢としてギネス世界記録に認定されている福岡市の田中カ子(かね)さん(119)が19日、市内の病院で亡くなった。死因は老衰という。田中さんは2019年3月、116歳で世界最高齢と認定されていた。

 同市などが25日発表した。発表などによると、田中さんは1903(明治36)年1月、現在の福岡市東区で生まれた。米国のライト兄弟が人類初の有人動力飛行に成功した年になる。

 田中さんは夫婦で長くもち屋を営んだ。100歳を超えた2005年から老人ホームで暮らしていた。

 明治、大正、昭和、平成、令和の五つの時代を生きた田中さん。炭酸飲料やチョコが好物で、老人ホームでは親指を立てる「グッドサイン」で職員とやりとりしていたという。18年に国内最高齢となったときには取材に応じ、何歳を目指したいかと聞かれると「あと5年ぐらいかな。みんなのおかげ。死ぬ気がせんです」と話していた。

 田中さんの死去により、国内最高齢は大阪府柏原市の巽フサさん(115)となった。