ゴーン氏が復活させた「ダットサン」生産終了 日産、EV投資に集中

有料会員記事

神山純一
[PR]

 日産自動車ホンダが海外ブランドの縮小に動いている。日産は新興国向けブランド「ダットサン」の生産を停止する。ホンダは中国で高級ブランド「アキュラ」の製造販売を取りやめる。ともに、電気自動車(EV)など電動車向けの投資を優先するためだ。

 ダットサンは日産の創業期の代表的なブランドで、1981年に「ニッサン」ブランドに統合された。世界販売の拡大を進めたカルロス・ゴーン元会長が14年、新興国向けの低価格ブランドとして約30年ぶりに復活させた。日産ブランドと高級車ブランド「インフィニティ」とともに、日産が世界展開する3ブランドの一つを形成していた。

 ただ、販売は低迷。インドや…

この記事は有料会員記事です。残り280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら