高級時計ロイヤルオーク、なぜ入手困難?50周年展覧会と異例の説明

有料会員記事ファッション

編集委員・後藤洋平
[PR]

 スイスの高級時計ブランド、オーデマピゲ(AP)の「ロイヤルオーク」が今月、発売から50周年を迎え、東京・六本木の2121デザインサイトで展覧会「ロイヤルオーク 時を刻んだ50年」が開催中だ。1972年の時計や最新モデルも展示されている。この時計は購入希望者に比して供給数が極端に少なく、「買えない時計」としても知られる。なぜ、更に名を売るのだろうか。

 ロレックスのデイトナやパテック・フィリップのノーチラスなどと同様、近年最も入手が困難な時計とされるのがロイヤルオークだ。八角形のベゼルと一体型のブレスレット、一見するとシンプルなダイヤルが特徴的で、誕生から半世紀を経ても基本的な造形は変わらない。

 近年は新興国などの富裕層が、こうした人気の高い高級機械式時計を好んで求めるようになり、正規店でも商品が並ばない。そのため、定価が数百万円の時計が中古時計販売店などの二次流通業者によって、その数倍の値段で販売されるケースも多い。

ブランド自らが異例の説明

 ロレックスやパテック・フィリップなどは、過熱気味ともとれる高騰の理由について積極的に説明をしていない。しかし今回、APは「おそらく多くのお客様にお売りできない」としつつ、「購買欲を煽(あお)るのではなく、『だから入手が難しいのか!』と納得してほしい」とメッセージを発信することを決めた。これは高級時計業界では、間違いなく異例のことだ。

 APによると、過去8年の時…

この記事は有料会員記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら