デジタル教科書「使わない週もある」が5割超 教員への浸透に課題

有料会員記事

桑原紀彦
[PR]

 デジタル教科書の使い方を議論する中央教育審議会分科会のワーキンググループが25日あり、昨年度小中学校に実証事業として配布された教科書についてのアンケート結果が報告された。デジタル教科書を使うようになり、勉強を楽しいと感じた小中学生が全教科で半数以上に。ただ、教員の5割超は「使わない週もある」と答え、教える側への浸透が課題となりそうだ。

 文科省は2024年度からデジタル教科書の本格導入を検討中。昨年度は小5~中3を対象に、全国の4割の学校に任意の1教科分を配った。「デジタルと紙の教科書を比べて感じること」をアンケートし、小中学生約5万8千人と教員約3万6千人から回答を得た。

 「デジタル教科書で勉強が楽…

この記事は有料会員記事です。残り434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。