「目の前で自然破壊つらい」 沖縄・辺野古、海上で抗議

有料会員記事沖縄・本土復帰50年

西岡矩毅
[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設予定先となっている沖縄県名護市辺野古で25日、市民団体の抗議活動があった。

 この日は、辺野古沿岸部を埋め立てる護岸工事が始まって5年。市民団体「ヘリ基地反対協議会」が主催した海上での抗議活動には、カヌー36隻と小型の抗議船6隻が集まった。参加者は「海の生き物を守れ」「基地をつくるな」などと訴えた。抗議船の船長、金井創さん(67)は「目の前で自然が破壊されるのはつらい。工事が止まるまで声を上げ続ける」と語った。

 沖縄防衛局によると、移設計…

この記事は有料会員記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら